信託銀行は個人でも利用できます。

信託銀行とは、信託業務を行える銀行のことを言います。信託は他人に自分の財産を託すことです。自分の財産を相手の名義します。個人が証券会社に資産を預けると、その資産は信託銀行に預けられます。資産を銀行が運用してくれるので、預けた個人は何もする必要がありません。証券会社が投資家から預かった資産を信託銀行に預ける理由は、証券会社自身の財産と投資家の資産を明確に分けるためです。法人や富裕層にとっては、とても都合の良い銀行です。信託と聞くと、法人向けや富裕層向けのイメージが強いです。確かに法人や富裕層が多いですが、個人が利用できないというわけではありません。個人が価値のある財産を取得した場合でも、信託を利用することができます。

精華学園高等学校

大規模修繕の費用はどこから?

シマックス フォロー

《即日配達》軽貨物の当日配送・配達ならMixCargo

登録100万人突破!ガンダムゲーム